えのログ

人生五里霧中

好きな人に尿を飲ませようとするツインテール思春期女子がアニメ化するらしい。tugeneko先生『上野さんは不器用』の話。

前略、究極の濾過装置を作ったので試しに私の尿を飲んで欲しい。 

上野さんは不器用 1 (ヤングアニマルコミックス)

上野さんは不器用 1 (ヤングアニマルコミックス)

 

 

そんな第1話から始まる漫画が「上野さんは不器用」だ。いくらなんでも不器用すぎると思う。
コミックを買って読んでいたのだけど、アニメ化するらしいのでざっくりと紹介してみる。

natalie.mu

 

「上野さんは不器用」は主人公の科学部の部長の上野さんは毎回発明品を使って好意を持っている科学部の後輩の田中へあれやこれやしてアピールしようとするコメディ漫画だ。
 
第1話から上記のように濾過装置で無味無臭になっているから、と自分の尿を飲ませようとしていたりカッ飛んでいる。えのきも正直買った時
 「な、何を言っているんだこの漫画は……」
となった。幸いカガクチョップと連続して読んだので振り落とされないで済んだ。カガクチョップと違って人が死なないから安心して読める。

enonoki.hatenablog.com

 

f:id:enonoki:20180527160648j:plain

 
こう紹介すると上野さんが変態のようだけど(実際変態的発想だが)後輩の田中の朴念仁具合の上記を逸脱しており、本編開始前から上野さんがあれやこれやと行っていた比較的真っ当なアプローチを田中がガン無視した結果となっていて、「こいつ……正気か……」となる。好意に気付かない系男子も突き詰めるとこうも狂気に近いキャラになるのかと感心してしまう。
上野さんの協力者である科学部員の後輩の山下とその鉄壁の朴念仁を崩そうとするも田中が意図せずその計画を叩き潰していく様は凄まじいので読んでみてほしい。

f:id:enonoki:20180527160716j:plain

上野さんのアプローチはどう考えても変態なのだけど「これだけ真っ当にアプローチしても異性として意識されないならこれだけやればどうだ!」みたいな方向性の結果なのでちょっと予定と狂うと(予定通りでも)めちゃくちゃ動揺したり恥ずかしがっているのが可愛い。
 
えのきはドラえもん的なアイテムだけ変えてテンプレートでひたすら話を回していく話が好きなので、アニメ化は結構楽しみだ。
30分アニメにするには尺があまりそうだけど、5分アニメや15分×2本とかだったら結構コンパクトで楽しいアニメになるんじゃないだろうか。
 
近々4巻も発売されるとのことなので、アニメ化決定を機会に読んでみるのはどうでしょう。1話はニコニコ静画とかでも読めるらしい。

seiga.nicovideo.jp

 

上野さんは不器用 4 (ヤングアニマルコミックス)

上野さんは不器用 4 (ヤングアニマルコミックス)

 

 

今日はそんなところで。
《完》