えのログ

人生五里霧中

えのきがやっていることについて

 どうもこんにちは、えのきです。

 最近色々とフォローしたり、フォローしていただいたりしたり、あれこれやっていて自分でも何やってるのかTwitterのプロフィールじゃまとまってないな〜と思ったのでブログに書いておくことにします。

 小説、漫画、映画、Vtuber(おめシスとぽこピー)が好きです。

 

 まぁ素人が楽しく色々やっています。

 

Twitter

 これです。

 

twitter.com

 

 だいたいここから情報は発信してます。夜だけ見る縛りに自分ではしてるけど大抵昼間も見てしまっています。Twitterやめろ。

 

・ブログ

 ここです。

 主にコンテンツの感想とか、イベントとかに言った時のレポを書くのがメインの利用方です。

 たまにツイン照子とかとの日常についても書きます。

 ここ数ヶ月はテーマを絞って記事を書く傾向が強いです。

 

・小説

 吉野奈津希(よしのなつき)という名前でアカウントをとって小説をアップしています。

 

 書いた小説置き場(メイン)

 

kakuyomu.jp

 

  現在連載中なのは『私と溝口君』『箱庭狂想曲』の二つ。

 あとは短編なのでどこからでも読めるはずです。

 おすすめは溝口君シリーズです。

 溝口君は『私』と溝口君が何かする、ということ以外何も決めていない掌編集なので何処から読んでいただいても基本OKです。

 Twitterハッシュタグ#えノベル』で文庫ページメーカーなどを使いアップしたものをカクヨムに保管しているので、私をフォローしてくれている方はそこから読むのが一番入りやすいかもしれません。RTとかいいねとか感想いただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。

 箱庭は長編シリーズの伝奇です。最近更新止まってるけど、ちまちま書き溜めています。

 

 あと小説だとpixivに百合文芸3で参加した小説があります。私のオリジナル小説では一番読まれているかも。

 

www.pixiv.net

 

 二次創作では最近エヴァで二つ書きました。鈴原サクラの話と冬月先生の話。

 

www.pixiv.net

 

www.pixiv.net

 

 pixivも保管庫として使おうかな〜という感じです。あと次も百合文芸コンテストに参加予定。

 

 あとはnoteで逆噴射小説大賞という800文字制限の長編の書き出しで競うイベントに最近参加しました。

 

note.com

 

note.com

 

 多分小説はちょくちょく書いていくので、見かけたら応援してもらえると励みになります。

 

・ラジオ

 youtubeでラジオを二つやっています。

www.youtube.com

 

 フォロワーというか友人のロケ戦さんとやっているラジオチャンネル。二人が気に入った漫画の話とか、私のねじくれた自意識の話とかエピソードトークをよくやっています。不定期更新。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 結構面白いと思う。

 

www.youtube.com

 

 フォロワーというか友人の波戸彼方さんと友人のSさんとやっているラジオちゃんねる。波戸さんは商業ミステリ作家としてやっている方です。

 二人で映画や小説などのコンテンツ語りをやっています。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 どちらのラジオもよろしくお願いします。

 両方ともお便り募集中です。ぜひ!

 

odaibako.net

 

odaibako.net

 

 

 あとは読書メーターで感想書いたり。最近は文芸誌かって直読みしたり、発売日に読んだりしてて登録が遅れたりしてるけど。

 

bookmeter.com

 

 だいたいそんな感じです。

 最近は文章書いたり、ラジオしたりが特に楽しいのでそこらへんを特に力入れてやっています。

 

 また何かあれば追記するかもしれないです。

 

 ではでは。

 

スマホを変える代わりに年末年始のキャンペーンとかセールでApple Watch SE(あとiPad mini)を買うって話

 あけましておめでとうございます。えのきです。

 

 新年ですね。

 色々抱負も考えているのですが、生活面ではまず決めているのが一つあります。

 

 Twitterでは結構書いてるんですけど私は『手続き』関係が苦手なんですよね。会員登録とかが必要なポイントを活かしてお得に買い物、みたいのも苦手。

 ただ色々取りこぼしているのが周囲の人たちもPayPayとか諸々活用していて「あ〜もう流石に逃げきれんな〜」と去年の後半で痛感したって感じでした。

 

 去年末からちょろちょろチャレンジをしていたのですが

 今年は『手続き』『ポイント活用』から逃げない。

 というのを一つの生活のコンセプトにしていきたいな〜と思いました。年末に書いたマイナンバーカードの申請書もさっきポストに入れた!(謎の力で去年には書き上げたのに3回ぐらい家に起き忘れるというミスを繰り返し2021年で片付けられなかった)

 

 今回はそれ関係で年末年始キャンペーンとか初売りを使うってApple製品を買うぞ〜って話です。

 

続きを読む

2021年楽しんだコンテンツとかやったこととか

 どうもこんにちは、えのきです。
 2021年が終わるので今年やったあれこれについて振り返っておこうかなと。

 

続きを読む

他者=世界とどう関わっていくか、という物語としての『劇場版 呪術廻戦0』

f:id:enonoki:20211226193046j:plain

 

「誰かと関わりたい。誰かに必要とされて生きてていいって自信が欲しいんだ」

 

 

 

 アニメ呪術廻戦の劇場版ということで、ジャンプGIGAでの読切版、後にジャンプでの連載の呪術廻戦の前日譚となった『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』を描いた『劇場版 呪術廻戦0』観てきました。

 いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜凄い良い!!!!!!!!

 

 ということで今日はその話です。

続きを読む

今年買ってよかったもの2021

今週のお題「買ってよかった2021」

 

 メリークリスマスですね。

ということで私のキーボードを見てくれ!!!!!!!!

 

f:id:enonoki:20211225112733j:plain

f:id:enonoki:20211225112748j:plain

f:id:enonoki:20211225112802j:plain

 

 woo...beautiful.......

 

 すみません狂いました。

 今年はマジでガジェット欲が芽生えて、例年よりも色々買った年だったなぁと思うのでベストバイ記事を書いていくぞ!

 ベストバイ、めちゃくちゃ面白いですね……最近ずっと見ちゃってるよ……

 

 

作業環境を気にし出したのが物欲の始まり

 

 そもそもどうして物欲が爆発したのか、って話なんですけど机周りを気にし出したのが始まりでした。最初は「在宅勤務も始まったしいい感じにしてみるか〜」ぐらいだったんですが、最終的に趣味ためだけに机環境こだわり出してました……

 現在の自分の机環境はこんな感じです。

 

f:id:enonoki:20211225113905j:plain

 

 もう机と椅子を変えたいな! と終わりがない無限ループに足を踏み入れているのですが、机周り中心に色々とものを買った一年でした。

 

1.Line 6 Sonic Port VX


line6.jp

 

 PC周りで楽器触りたいな〜と思い調べて購入。実際のところ楽器以上にマイクとセットなのでラジオ収録や転職活動のオンライン面接とかのマイクとして大活躍しています。性能を拘るといくらでも上があるとは思うんですが、今の自分の机環境としてはコンパクトだし、やりたいことが十分できる性能があってかなり使いごたえがあります。今年一年の趣味方面でパフォーマンスをめちゃくちゃ発揮してくれているんじゃないかな。

 

2.モニター周り。モニター、アーム、アダプターなど

 

 

 タイムセールで購入。買って良かったは良かったんですが、やらかした買い物でもある。

 趣味ではMacBookProをクラムシェルモードで運用・リモートワークではデュアルディスプレイで業務、という感じにしたかったんですよね当時。

 

それで「大きいモニター欲しい! モニターアームでかっこよくレイアウトしたい!」と当時思って買ったんですがVESA非対応でモニターアームがそのままではつけられないと購入後に気づく……! やらかした〜

 速攻でアダプタを購入し取付して活用しています。

 

 

 モニターとしては特にゲームとかやるわけではないので必要十分。最近はiMacを買って趣味関係では特に使わなくなったんですがリモートワークの際のモニターとしてバリバリ活用しています。

 

 アームはお試し感覚で安いやつにしたんですが、ちょい動かすとモニターが重いのか傾いたりする感じ。固定して使う分には問題ないのでかゆいところに手が届かない、って感じですがまぁ値段相応かなと。

 リモートワーク中の作業画面の狭さの不満は劇的に改善されたのでトータルでは買って良かったなぁと。

 

 モニターアーム検討している人はVESA対応について調べような! えのきとの約束だぞ!!!

 

3.iClever キーボード ブラックIC-BK22

 

www.amazon.co.jp

 

 キーボードについて拘りだすきっかけになったものかも。バッファローの激安Bluetoothキーボード(1000円くらい?)は持っていたんですがそれがあまりにも打ちづらく、かといって予算もあまりない、かつMacWindows両方で使いたいということでAmazonを彷徨って購入。

 MacBookProの薄めの打鍵感に完全に慣れていたためペラペラな感じのキーボードで、エンターキーが広めで、かつWindowsとの切り替えも〜とかの機能面での要望を結構満たしてくれていました。端末を覚えさせてボタンでワンタッチで他の端末との切り替えができるのもgood。使っていて「これじゃあ作業にならないよ〜」みたいな不満はなかったので短い期間とはいえ助かったなと。

 打鍵感は値段相応。「タイピングする喜び」みたいのがあるキーボードではないですけど、一台で複数の役割に答えてくれたのでありがたい存在でした。

 ただこれをきっかけに「お金を出せばキーボードは応えてくれるんだな……!」と学んでしまったのが沼の始まりだった……!

 

4.HDMI切替機

 

 

 これは机をリモートワークと趣味で完全に分けてしまったので最近は活躍が控えめなんですが、MacWindows端末の画面をワンタッチで切り替えられる環境のために購入。スイッチ一つでモニターへ繋いでいる端末を切り替えられるのでいちいちHDMIケーブルを差し直す必要がなくなってストレスが激減したので良かったです。

 そのうちゲーミングPCとかMacBookとか書い直したらまた出番が増えそうだなぁと。

 

5. ケーブル周り

 

 

 

 

 部屋が和室で机がオーク色なのでそれに合わせて購入。足元のケーブルをスッキリ収納できてごちゃごちゃしないので助かってます。ケーブルボックスあるだけでだいぶ視覚的に情報が整理されて良いですね。ケーブルがごちゃごちゃするの、自分が認識している以上にストレスになるのだと痛感。ケーブル周りは来年も模索していきたいな。

 

6.M1搭載新型iMac 24インチ 2021

 

www.apple.com

 

 今年一番の買い物。一番買って良かった物。一番生活を豊かにしてくれた物。

 

 デザインを見て完全に一目惚れ。机周りに凝り出していたタイミングでモニターやらなんやら気にしていてスピーカーとか考え出すとキリがない、かつMacBookProの水準を考えると二重にお金がかかる・・・と頭を抱えていて上記したキーボードも「悪くもないけどMacBook Proで直接触った方が満足感高いな〜」という葛藤がある状態だったので最高の一手としてiMacは現れてしまった。

 Apple純正キーボードある、広い画面ある、良いスピーカーある。

 あれ、これ買えば机周りの悩み全て解決するのでは??????

 そしてこの情報を見てからずっと「iMacがある生活」をイメージしてしまい、止まらなくなる。

 MacBook Proを下取りに出して購入。持ち運びができなったけどそれが気にならないくらいの満足感。

 良いガジェットって「何が出来る」じゃないんですよね。「何かをしたくなる」があるんですよね……(ろくろ)

iMacで自分はこういうことをしてみたいな」という気持ち、モチベーションがどんどん湧いてくるし、iMacを起点に机周りの改良案がどんどん出てきたのでまさに生活が変わった感覚がありました。

 とても軽いので机のレイアウト変える時も気軽に動かせるのもポイント高い。

 

f:id:enonoki:20211225123027j:plain



 同梱のMagic KeyboardもMagic Trackpad最高。なぜなら『最高』という概念が形をもっているのであり、それを良いと思えないのはそう認識できない自分に問題があるだけだから……

 後に書くHHKBも買って今はそれをメインなんですが、Magic KeyboardはApple純正ということもあってMacBookProから移行するのに大満足のペチペチとした打鍵感でした。iMacに合わせたカラーリングも最高。

 そして指紋認証がとても便利。キーボードとして最高級のHHKBをメインにしてやや不満として残ったのはそれ。

 

 トラックパッドはやっぱり使いやすさが最高ですね。長年MacBook air使ってProへ移行、その後iMacという流れなんでMagic Mouseもセットのやつ買ったんですが、結局トラックパッドばかり使ってます。デザイン的にもスッキリしていて良い。

 

 まぁこれで「お金をかけるほどキーボードは良くなる」と学習してズブズブと沼に更にハマるのですが……

 

 小説やこのブログを書くにもバリバリ使ってますし映画とか動画を見るにもラジオとかでも大活躍。

 デザイン良し、機能良し、モチベ良しと今年買って一番楽しくなったものでした。

 

 

7. スチールラックデスク

 

 

 机周りの拡張で買ったのですが色合いやiMacを買ったことで「もう仕事とプライベートは完全に机分けた方がいいな?」となり最近はもっぱら仕事用。

 黒を基調としている色合いやスチールラックの無機質感が逆に「労働だぞ!」感が出ていて悪くないです。これに上記したモニターアームとかを取り付けてリモートワークしています。想像以上に大活躍しているのでかなり良い。

 

8.Anker Eufy RoboVac G30 Edge

 

 

 ロボット掃除機が壊れたの購入。

 以前買っていたリモコン式のものからスマートフォンとの連携など色々機能がアップデートされているんですが、そこらへんはまだまだ十分に活用できていない感じはある。ただロボット掃除機としては十分役に立っているな〜という感じです。あ

 

9.メカニカルゲーミングキーボード青軸

 

 

 下に書くHHKB欲が強くなりすぎていて、「まだ……まだ耐えろ……」と自分を誤魔化すためとリモートワーク中の気分を変えるために購入。

 まぁ結局HHKB買ったんですが。

 ピンク色で仕事中の気分が変わるというのと青軸のカチャカチャ!というでかい音が楽しい。HHKBを買ってややタイピングに不満が出てきたので売却するか考え中だけどメカニカルキーボードデビューには結構良かったなと。

 コンパクトなのもスッキリしていて良い。

 

10.Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 英語配列/雪

 

www.pfu.fujitsu.com

 

 机周りを調べ出してリモートワークの環境とかルームツアーとかガジェット系の記事とか動画をチェックするようになったんですが高確率でこのHHKBの名前を見るんですよね。

 皆が口を揃えるように「とても打ち心地が良い。最高! もう戻れないです!」みたいなこと書いているんですよ。

 

 んで、値段調べたら35000円ぐらいするの。た、高え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

 嘘でしょ、ぶっちゃけ皆、高い金額払ったから後に引き下がれないだけでしょ!?

 

 ……とか思ってたんですけど、ずっと調べているうちに皆、熱量が高くて「なんか皆、マジかもしれん……」ってぐらい褒めてるんですよね。完全に宗教の手口です。皆、逃げた方がいいぞ。

 静電容量無接点方式という耐久性だったり良い打鍵感であること、そのデザイン性の高さ、使い心地の練られたキー配列など調べ出すと止まらない。そして何よりMacのデザイン性とめちゃくちゃ調和している!

 どんなもんか知りたくて家電量販店とか行った時に探してたんですが、ない……

 買ってから気づいたんですが、↓で触れるそうです。全然気づかなかったぜ……

 

happyhackingkb.com

 

 それで「一体どんな体験が待っているわけ!?」と日に日に欲しい気持ちが高まってしまいまして……

 それでもしばらくは「まぁ〜そのうち、そのうちね? いつか買うかもね。でも高いし……」って堪えていたんですが。

 

 

 こんなん『いつか』とか『今』だろ!!!!!!!!!!!!

 

 そして購入。実際に使い始めるわけですよ。

 

 

 もう、最高。もう、戻れない。

 

 Magic KeyboardももちろんいいんですがHHKBは「うお、押してる〜」となるしっかりとした打鍵感があって打つ気持ちよさがすごい。それまではキーボードのタイピング性能って「どれだけ不満が生じないか」っていうマイナスをゼロにする評価だったんですよね。考えたことを出力するボトルネックに如何にならないかっていう感覚。

 でもHHKBは違う。完全に「タイプする快感」がありすぎる。打つということがプラスになるパラダイムシフト。

 打てば打つほど手に馴染む感覚、独特のキー配列も馴染むほどに使いやすくなっていって、これまでのタイピングが「考えたことを打つ」という位置付けだったのにいつの間にか「文字を打ちたいから書くことを考える」みたいな逆転現象すら起こる驚き。

 しかも雪というカラーリング、無駄のなさが最高……

 今日再販の抽選で当たった無刻印のキーキャップに換装したんですが最高すぎませんか……美しい……

 

 

 既に仕事用の黒とかも欲しいな〜って気持ちになるくらいの満足感。いいガジェットはすごい! iMacに並ぶくらい買って良かったガジェットでした。

 いつか紹介動画とかも作ってみたいな〜。

 

11.HHKB周辺機器とかデスクマット

www.pfu.fujitsu.com

 

www.pfu.fujitsu.com

 

 手を置く板と埃除け(それぞれ4000円)

 

 いやわかる……これが高いのはわかる……でももう欲しかったから……デザインに共通性を出したかったから……

 

 そんな感じでHHKB周辺機器も買ってオレンジ色のiMacをベースにオレンジ色で統一感を持たせたかったのでデスクマットとかも買う。

 

 

 まぁ割高なのはそうなんですがなんだかんだ机周りの統一感とか気にするとここまできたら走るしかないという感覚。

 もうここまでくると机と椅子を変えたい。

 

12.2021 AirPods Pro Apple純正MagSafe充電ケース付き

 

 

  いい加減使っていたワイヤレスイヤホンがガタが来ていたのでブラックフライデーで買い替え。

 うぉおおおApple最高〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 というのは置いておいてやっぱりとても使いやすい。

 ノイズキャンセリングの効果も絶大なんですが、音楽を聴きながら外の音も聞こえる『外音取り込み機能』が衝撃的。音楽も聞こえるのに外の音もバッチリ聞こえる感覚、生活が変わる音〜という感じでした。

 Apple製品との連携もバッチリなのもまた自分に合っている。

 音楽は聴くんですが、バリバリに音質に拘るというよりも生活の中での使いやすさに今の自分は力点を置いているのでそういう観点だと最高の一品でした。(それはそれとして新しいAirPodsも欲し〜)

 

 

 そんな感じで今年買って良かったものでした。

 来年はこの記事書くつもりで色々意識してみようかな〜と。人の買って良かったもの見るのも楽しいんですよね。みんなブログ記事とか書いてくれ〜。

 

 そんな感じです。ではまた!

脱却を語り直す痛快さ。『マトリックス レザレクションズ』

f:id:enonoki:20211224224920j:plain

wwws.warnerbros.co.jp

 

 年末で仕事が尋常じゃなくしんどくここのところ連勤でとてもしんどかったのですが、ようやく休みを取れて『マトリックスレザレクションズ』を見に行けました。(初日に行きたかった……)

 今回はその話です。

続きを読む

それは確かに今の「わたしたち」へのつながる物語。空木春宵『夜の、光の、その目見の、』感想

 

 

 先月になるのですが、光文社文庫異形コレクション『狩りの季節』が11月16日に発売されたのでゲットしました。

 ……と、言っても私は『異形コレクション』というシリーズについて全く認識していなかったのでにわかofにわかなのですが。

 異形コレクション、結構なアンソロジーシリーズとして出ているようで今回で52巻目だとか。すごい!

 

 ただ今回、私がこの本を手に取ったのはこの本のコンセプトというのももちろんあるのですが、収録されている作品の執筆者の方で読みたい方のがあったからなんですよね。でもこのシリーズ、かなり興味が出てきたのでこれ読んだら他のやつも読んでみようかな。

 

 私が今回、目当てだったのは空木春宵先生の『夜の、光の、その目見の、』でした。

 今回はその感想をと。がっつり色々ネタバレ込みで解釈とか書いてます。

 

続きを読む