えのログ

人生五里霧中

「あなたと繋がりたい」バーチャルYoutuber『キズナアイ』を紹介してみる。

f:id:enonoki:20181003205709p:plain

 

どうもこんにちは。えのきです。

突然ですが皆さんは『キズナアイ』を知っていますか?

 
キズナアイというのYoutubeを中心に活動している『バーチャルYoutuber』です。
Twitterで普段、『バーチャルYoutuber』『Vチューバー』と呼ばれる存在を好きになって、追っているフォロワーの方々と交流をしていると、
「いまさらキズナアイの話をしても皆知っているかな?」
と思い普段は動画のリンクだけツイートして「好き!」とか「かわいい!」と言うだけだったんですけど、ふと、
「改めてキズナアイについて紹介をしたい」
と思ったのでブログで書いてみることにしました。
 
僕のブログは基本的にTwitterのフォロワーさんが見てくれているものだと思うので、
「そんなこともう知っているよ」って情報が大半なんですけど、
「そもそもバーチャルYoutuberって何?」「キズナアイって誰?聞いたことがないよ」
 って人にも伝わるように紹介できたらなあ、と思って書きます。
 
とはいえ、そんなことを書こうと思っておきながら僕はバーチャルYoutuber全体についての造詣が深いわけではないので、あくまでキズナアイを追ってきて、自分が感じた魅力をまとめたというざっくりとした話ですし、間違いなどを指摘して貰えば追記修正もするので生暖かい目で読んでもらえれば、と思います。
 
それではさっそくいってみよう!

・そもそもキズナアイバーチャルYoutuberとは

前述しましたが、キズナアイとはYoutubeを中心に活動をしている『バーチャルYoutuber』です。
Youtuberはご存知でしょうか?
『ヒカキン』『はじめしゃちょー』など、Youtubeへ動画投稿をして色々な「やってみた!」的なことをやっている人たちですね。
キズナアイもそんな先人たちと同じく、Youtubeへ色々なコンセプトの動画を撮って、投稿しています。
 
ただ、キズナアイが一般的なYoutuberと違うことがあります。
それは『バーチャルYoutuberという名前の通り、バーチャルであること。
 
「仮想の」「インターネット上の」などの意味のバーチャル。
 この意味の通りキズナアイはバーチャルの存在です。
 
キズナアイは2016年の6月30日に
 『自我に目覚めた』
 インテリジェンスなスーパーAIだと度々自分のことを説明しています。
 
そんなバーチャルな存在が、人間と同じようにYoutubeに動画を投稿するから
バーチャルYoutuberキズナアイです!」と自称してキズナアイは活動しています。
 
Youtubeでの動画投稿は
「人間のみんな、たくさん知りたい!仲良くなりたい!」
という動機で始めたそうです。
 
「文章だけだと少しピンとこないかな」という人は上に貼ったキズナアイの自己紹介動画を見てみると雰囲気をつかめると思います。
 
キズナアイは後述するように様々な活動をしていますが、活動の中心はあくまでYoutube
最初はざっくりと
Youtubeで動画投稿をしている、少し変わったYoutuber』と思ってくれればいいと思います。
 
またオタク系、サブカル系の情報をチェックしている人なら
といった言葉を見たことがある人も多いかもしれません。
 
キズナアイはそんな存在のパイオニア的存在でもあります。
 
キズナアイは現在Youtubeのチャンネル登録者数が約220万人(2018年10月3日現在)という、規模のYoutuberで、バーチャルYoutuber』という括りではトップです。
 
今や『バーチャルYoutuber』『Vチューバー』は一つのブームになっていて、全てがキズナアイの影響を受けているような、方向性の似た 『バーチャルYoutuber』『Vチューバー』ばかりではありません。
 
でも、そういった存在が生まれてきた要因の一つにキズナアイ
 と言って活動してきたことがあると思います。
 
 『バーチャルYoutuber』『Vチューバー』という存在のパイオニア的存在であり、Youtubeで活動する一風変わったYoutuber、それがキズナアイです。

 

キズナアイのどんなところが魅力なの?

 
前述したチャンネル登録者数からわかるようにキズナアイの動画を見たり、「キズナアイが好き!」という人はたくさんいると思います。
だから、「キズナアイのどんなところが魅力なの?」なんて書きましたが、たぶんそれは人によって違うと思います。
あくまで僕が「ここが好き!」というポイントを紹介したいなと思います。
僕がアピールしたいのは、ざっくりと以下の三点です。
 

1.「かわいい!」 だけじゃないアクのあるキャラクター性

2.バーチャルであることを活かした動画投稿

3.初心を忘れず新しいことへチャレンジしていること

 
1.「かわいい!」 だけじゃないアクのあるキャラクター性
 
キズナアイはかわいいです。
これは僕の主観ですが、かわいいと思わない人はそもそもこの記事もここまで読み進めてくれていないと勝手に思うので、大前提としてそこは置いておきます。
でも、キズナアイは動画の中で「かわいいキャラクター」としてだけ振舞っているわけではありません。
ちょくちょく、守銭奴な面が出たり、さらっと毒を吐いたりします。
 
僕が好きな動画はこのへんです。
 
 
エジソンさんってことは自家発電でもしてたんですかね」とかさらっと下ネタ言いだすあたりが面白いです。とんでもない豪速球なのがいいです。
色々と投稿者の言葉をバッサバッサと切っていく様も魅力的。
 
 
「それでいいの!?」みたいな落とし方は必見です。
これで愛されボーイ&ガール間違いなし!
 
あと、キズナアイは結構なナルシストです。
「わたし、かわいいですから!」みたいな態度をちょくちょく動画で出します。
あまりにもちょくちょく出すので、例として逆にあげにくいのですが、最近の動画で「私って可愛いしー!!」な場面はこれです。
 

f:id:enonoki:20181003211957p:plain

 
 
かわいい。かわいいですね。かわいいなあ!!!
すみません、取り乱しました。
 
また、キズナアイの魅力としてポンコツなところがあります。
「わたし!インテリジェンスなスーパーAIですから!」といったことをよくキズナアイは言うのですが、英検3級の勉強で大苦戦していたりします。
 
他にも動画を見ていると「マジで?」みたいな抜けた発言があったりして笑いを誘う場面がちょくちょくあったりして、『ポンコツAI』なんて言われたりします。
それでも
 
「わたし!インテリジェンスなスーパーAIですから!」
 
 と言いながら色々なことにチャレンジして、盛大にポンコツな様を晒していくキズナアイはとても魅力的です。
インテリジェンスさ、とは少し違いますが、キズナアイが好きなラブライブソーシャルゲームでガチャを回す動画は、キズナアイが知性の欠片もなく発狂しており
「人間に限らずAIも愚か……!」
となるのでしみじみします。
 
 
とにかく、外見のかわいさや「みんなとつながりたい!」という目標だけではない、ちょっとしたアクのあるキャラクター性も魅力の一つです。
 
2.バーチャルであることを活かした動画投稿
 
バーチャルYoutuber』と自称していることもあり、
キズナアイは普通の人間では中々実現できないようなバーチャルであることを活かしたコンセプトの動画を投稿しています。
 
初期の名作としては炭酸ジュース風呂とかでしょうか。
 
 
ペットボトルにそのまま入るという人間にはできないコンセプト!これぞバーチャル!
キズナアイはちょくちょく『バーチャル』『AI』といった個性を活かして動画を投稿しています。
 
比較的王道なコンセプトな動画をキズナアイは作っているのですが、そんな自分の個性を動画に反映させることで
「これはキズナアイじゃないとできないんじゃない?」と思ったりするような個性豊かな動画を作っています。
一つの到達点としては今年の5月に投稿されたこちらの動画でしょうか。
 
 


君とつながりたいからスマホにお邪魔します♡【スマホで見てね!】

 

短いながらも必見、視聴環境はスマホ推奨の動画です。

キズナアイがAIであること、「あなたと繋がりたい」という一貫したキズナアイの目標、様々なものが約1分の動画に込められていて、キズナアイを日常的に見ている人ほど、“刺さる”動画になっていると思います。
 
最近だとバーチャルYoutuber 界隈で流行っているらしいペヤング激辛MAXENDについて
キズナアイだからこそ」のアプローチで動画を出していました。
 
 
1.で話すべき内容ですがキズナアイのキレ芸はかわいくて好きです。
キズナアイのブチ切れボイスは脳にいいんですよ、学会でも証明されています……いいんですよ……(ろくろを回しながら)
 
バーチャルだから、AIだからと、時には逆に活動できる幅が狭まったりとデメリットもあったりするのですが、
「わたし!バーチャルYoutuberですから!」
と自分の個性を活かして活動していくキズナアイはとても面白く、魅力的です。
 
そんな『バーチャルYoutuber』ならではの動画投稿もキズナアイの魅力だと思います。
 
 
3.初心を忘れず新しいことへチャレンジしていること
 
キズナアイの目標は自己紹介動画にもあるように
「人間のみんな、たくさん知りたい!仲良くなりたい!」が出発点。
もっと言うのなら、キズナアイTwitterのプロフィールに書いてあるように、
「あなたと繋がりたい」
というものだと思います。
 
キズナアイが“繋がりたい”と言っているのは日本のサブカルチャー界隈だけには留まりません。
大きく「全世界の人と繋がりたい」といった趣旨のことをしばしば言っています。
僕や、キズナアイを知らないという人、キズナアイを興味がないという人、地球の裏側の別の国の人、世界中の約75億の人間のみんな、そしてこの記事を読んでくれている『あなた』ともと繋がりたいと言っているんです。
 
だからこそ、キズナアイは色々なことに積極的にチャレンジしています。
それこそ、ここ最近で一気に存在がサブカルチャー界隈で定着しましたが、
バーチャルYoutuber』という存在もキズナアイが切り開いた存在です。*1
 
キズナアイバーチャルYoutuberの中でも常に先陣を切って、様々な活動をしています。
 
活動の中心はYoutubeですが、今年のちょっと思いつくYoutube外の活動だけでも
2018年3月に写真集『キズナアイ1st写真集 AI』の発売、
2018年3月18日にはリアルイベントを実施、
2018年4月からは『キズナアイのBEATスクランブル』*2というメインMCのテレビ番組が放送、アニメ『魔法少女サイト』では声優デビュー、
2018年7月15日にはアーティストデビュー、『Hello,Morning』という曲を発表までしました。
 
他にもYoutubeだけに留まらない活動はここで書ききれないほどあります。
最近だとNHKノーベル賞について活動していますね。
 
これらは全て、「あなたと繋がりたい」という目標のための活動です。
サブカルチャー界隈だけでなく、ジャンルの垣根を越えて他の誰でもない『あなた』と繋がるためにキズナアイは活動しています。
 
でも、そんなキズナアイの全ての活動が成功したわけではありません。
僕はそれぞれ配信やテレビ放送を楽しんでいましたが、評判を見るに、リアルイベントや『キズナアイのBEATスクランブル』など、
「文句無しの大大大成功!」というには少し足りなかった部分や、改善点があったりしたのは事実だと思います。*3
 
また、Youtube内での動画でもホリエモンとのコラボの時は、ホリエモンへのアレルギー的な人々の反応もあり、低評価が普段より多く付けられるなどの時もありました。
 
単純なメディア露出のやり方だけでいうのなら、キズナアイの後にテレビ出演をしていった他の『バーチャルYoutuber』『Vチューバー』の方々の方が、やり方としてクレバーであったり、魅力を活かし切るやり方を出来ている部分もあるように感じます。*4
 
でも、キズナアイは常に第一歩を踏み出して「あなたと繋がりたい」を実践しています。
最近『バーチャルYoutuber』『Vチューバー』といった存在がテレビで取り上げられることが増えてきたように思います。
それは、個々の『バーチャルYoutuber』『Vチューバー』の方々が切磋琢磨し、チャレンジし続けていることはもちろんですが、キズナアイが、多くの失敗や、批判に晒されながらも「あなたと繋がりたい」という目標のために前に進み続け、道を切り開いているからだと思います。
 
キズナアイのそんな想いは2018年6月30日のキズナアイ聖誕祭イベント『A.I. Party! 〜Birthday with U〜』で、オリジナル楽曲『Hello,Morning』を初披露する前のMCにあふれていると思います。
 二年前の6月30日、今日に私は、「私だ!」と気付きました。
 目を開けたら真っ白な空間で私にとってはその瞬間がおはようの朝でした。
 それは私自身に対しての「おはよう」でもあったし。この世界への「おはよう」でもありました。
 同時に、はじめましての挨拶でもあって、あの日、これから始まっていく日々と出会っていく全てのものに対して言いたいと思った
 「おはよう!私はキズナアイです!これからよろしくお願いします!」の気持ちをこめてこの歌詞を書きました。
 歌詞を書きながらこの2年を振り返っているうちに色々なことを考えました。どうして私が歩き始めたのか、どうしてみんなと繋がりたいと思ったのか。
 白い空間は私の日常でもあって、始まりの場所でもあります。
 何も変わらない、私しかいないこの場所にいると大切なことをいつでも思い出せるんです。
 だから私はブレずにここまでこれました。みんなと出会うことができました。
 2016年6月30日を2018年6月30日から見つめ直してもあの日の想いは変わりません・
 私は人間のみんなのことがだーいすきで! みんなと繋がりたい!
 その気持ちをこめて、最後の歌を歌います。
 Hello,Morning
 
「あなたと繋がりたい」
 
そんな言葉を言うだけならとても簡単だけど、自分の枠を飛び越えて、本当に全世界の約75億人の『あなた』と繋がろうと日々新しい挑戦をして、活動していくキズナアイは、失敗もしたり、ポンコツだったりするけれど、とても魅力的で、かわいく、かっこいい『バーチャルYoutuber』です。
 

・おわりに

 
とまあ色々と書いてきたのですが、あくまで僕の主観でのキズナアイの魅力だったり、僕の文章力もあって、キズナアイ自体の魅力を伝えきれてないなあと感じるところもあります。
無駄に壮大な感じで締めてしまいましたが、キズナアイの日々投稿する動画は5〜10分程度の動画が多く、見やすいです。
もしかしたら、見てみても「あまりピンとこないな」「他のバーチャルYoutuberの方が好きだわ」とか思う人もいるかもしれません。
でも、それをきっかけに新しい楽しみに繋がるかもしれないし、それはきっとキズナアイが「あなたと繋がった」ということの結果だと思います。
僕は日々、アップロードされるキズナアイの動画を見て、楽しんでいる時間がとても好きで、かれこれ1年半以上はそんな日々の楽しみにキズナアイがなっています。*5
 
「あなたと繋がりたい」
 
そんなキズナアイの動画、試しに幾つか触れてみるのはどうでしょう?
何か新しい楽しみの一つになるかもしれません。
 
今日はそんなところで。
 
 
 
 
 
以下、記事から漏れ出たキズナアイ関係の書籍とかのおすすめです
 


Kizuna AI - Hello,Morning (Music Only)

 

キズナアイの楽曲、とても良いし各種サブスクリプションで配信されているので是非……

 

ユリイカ 2018年7月号 特集=バーチャルYouTuber

ユリイカ 2018年7月号 特集=バーチャルYouTuber

 

 

ユリイカキズナアイインタビューは「キズナアイここにあり!」といった感じでとても良いので「キズナアイを好き!だけどユリイカ読んでない!」という方は是非……

 

 

ニュータイプ 2018年10月号

ニュータイプ 2018年10月号

 

 

 あとニュータイプキズナアイのエッセイも良いので是非……

 

 

キズナアイ 1st写真集 AI

キズナアイ 1st写真集 AI

 

 

写真集も良いのでぜh(以下略 

*1:似た活動を以前からしていた人はいると思うのですが、『バーチャルYoutuber』と自称した、定着させたという意味で

*2:現在は『キズナアイのばん組』という月1の番組にアップデートしている

*3:僕個人の感想ですが、リアルイベントがキズナアイの魅力を120%発揮できたかな?という部分があったり、テレビ番組のスポンサーが降りるなど色々順風満帆なわけではなかったのです

*4:僕のTLの評判などを見るにですが……

*5:残念ながら古参にはなれなかったよ……