えのログ

人生五里霧中

定期的にくるSNS疲れ。あと城戸真司、あまり馬鹿じゃないんじゃないかと思ったり。

ちょくちょくTwitter疲れになるのでTwitter半休止期間に入ることにした。
土日とか余裕がある時にPCで見るぐらいは良いかなと思っているのだけど、どうにも自分は変に考えすぎるきらいがあって、ネットの議論とかを見ていると考え、憤り、悩み、最終的にどっちの意見の理も考慮して辛くなった結果「なんで自分にほぼ関係ない話でこんなにしんどくなってるんだ!?」となり全く報われるわけではないので時間とメンタルの無駄な要素が強すぎると思った。


よくないな、と思うのだけど自分は、おそらく自分もまたしているのだろうけど、僕は思考停止をやたら嫌う。雑語りというか、AサイドBサイドに分かれたある物事についての議論で「要はAって○○でしょ」って言い切られると、自分がBサイドだったとしても「いやそういうことじゃないでしょ、ああ!でも自分の心情はBサイドで!でもその雑に括るのは!ああ!」みたいな気持ちになってしまう。


インターネット良くないな、と思うところでどうも議論が勝った負けたになりすぎていて、いかに自分が気にくわない意見を叩き潰すかばかり焦点が置かれてしまい泥沼の戦いになりがちなことがある。
放置すればいいんだけどね、目にとまると色々考えてしまうんですよね……自分は未熟なので……


そんな風にインターネットで疲れていると、仮面ライダー龍騎の城戸真司、「実は馬鹿と言い切れないのでは?」なんて思ったりする。
城戸真司は作中でも「城戸真司は馬鹿だと思う人」みたいな投票で浅倉ですら手をあげてしまう馬鹿キャラなのだけど、彼は思考停止しないで考え続けている。
自分と意見の違う蓮であったり、北岡先生であったり、凶悪犯罪者である浅倉ですら船の少女とのエピソードで「浅倉を必要とする人もいる」と判断する。
この姿勢って中々出来ることじゃないと思うんですよね、疲れるし、メリットなんてないわけだし。
インターネットの議論が炎上しやすいのも、良くも悪くも皆単純化したがってるってのもあると思うんですよ。
色々な意見があって、それぞれにその意見が出る感情であったり、経験のバックグラウンドがあるんだけど、そんなことを普通考えてたら意見を言い切れないんですよね。
だから一方の立場に立ったら一方を断罪するようなスタンスが目立ってしまう。
でも実際のところそうでもない。よく「お気持ち」とか表されたり、実際僕も(極論すぎてヤダなぁ)と感じられる意見であっても何かしらの背景があったりするわけですよ。
簡単に切り捨てて良い意見って世の中に中々ない。
難しいんですけどね、僕も嫌いだったり否定したい意見っていくらでもあるし。


龍騎って本当に各々の願いとかがぶつかり合う作品なわけで、その状況下で本当に最後の自分の願いを持つまで、色々な人々の願いについて向き合った真司は凄いなぁと改めて感じたりした。ちょうど最近ジオウで出てたしね、今まで見てなかったのについ見てしまった。途中からだけどジオウ見ていこうと思ってる。


最近ブログ放置してたので思考のアウトプットはブログでやっていこうかと。
余裕出来たり土日とかはTwitter戻る感じでいきます。


そんな感じ。