えのログ

人生五里霧中

続・えっちな本を買うのは恥ずかしいのかとかじよらじ補足


www.youtube.com

 

 じよらじ撮って「エッチな本は作る時点で理性によって形に落とし込まれているので買うのが恥ずかしいという自分の感情はおかしいのでは!?」みたいなこと話した。

 今日は月曜日で出社しないといけなかったので電車に乗っててふと思った。

「でもここでエッチな本読んでる人いたら恥ずかしいな……」

 いや、恥ずかしいを通り越して嫌な気分になるかもしれない。

 それでもう少し考えた。いい歳して月曜日から考えていました「なぜえっちな本を買うのが恥ずかしいのか」を……二日連続で……

 電車でえっちな本を読まれたらなんで嫌な気分か、というのは自分の中で割と答えが出ていて自分の中で電車というのが公私でいう『公』に当たるからだ。プライベートではない空間。

 以前電車でめちゃくちゃでかい声で堂々と雑談の電話をしている人がいて、直感的に嫌だったのだけど、電車で雑談をしている人がいても気にならないということがあった。「マナーだ」とか「科学的に理由がある」とか色々あるんだけど、自分の中の感覚としては色々考えた結果「公にあたるからだ」となった。公といっても外だから、というだけではない。

 ある程度全員で『公』という自分のためというよりも全体である程度不快にならない空間を成立させようという場、それが『公』

 これは完全に感覚なのだけど『公』はルールとかによって「この辺までは自由でいいですよ」という許可があって自由に振る舞える場所、みたいな感覚があり、雑談はマナー(ルール)として禁じられていないからOK、電話はよくないのではないか、みたいな感覚があって当時はあんまりいい気分にならなかったんだと思う。

 まぁ、これは私が好きでないはずの『社会』なのですが……社会が嫌いでも社会と縁を切っては生きられない……それはそれとして全肯定はしたくない……

 話を戻すと、えっちな本についてはこれまでの生活とかでガッツリ『私』に当たるものだと思っているってことだな、と。当たり前だよ。

 プライベートの極地、と思っているからコンビニの店員さんとかに見られると恥ずかしくなるのだな〜と満員電車で思いました。みんな気づいていたのでは、これ。

 

 でもそこからの延長でコンビニでご飯を買うとかの行為を自分は『公』と見ているのか?とちょっと不思議になってしまった。食事って会社だと休み時間にするもので、プライベートな印象なんだけど、無意識のうちに『公』よりに自分の中でチューニングされているらしい。

 まぁ仕事中の食事とかって自分はあんまり美味しく感じなくて、コンビニ弁当を休みの日に家で食べたら美味しいんですけど仕事中って全然楽しくないし美味しくないんですよね。

「働かずに食う飯は美味いか?」→絶対にそっちの方が美味い。

 以前、というか今でもちょくちょく会社行く時にお弁当作ってるんですが、あれは『公』になった食事を自分で作ることによって『私』の方に引き戻すということだったのかもしれない。だから会社で自分のお弁当を食べるとメンタルが回復した、『公』で疲弊した後に『私』を補給した的な。

 書いてみるとしょうもないな〜〜〜

 

 あとじよらじで9回と10回で「ポリコレとかフェミニズムは流行だと思う。」って話をちょろっと触れたんですが、少し誤解招きそうかもと思ったので補足。

 流行といっても「みんな飽きたら差別上等、男尊女子最高!」になるとは全然思っておらず、というかある程度日常の営みに落とし込まれていく結果として流行が消えるのではないかな、といった見解です。

 というか、フェミニズムに関してだと男女の賃金格差とか個々の意識とか色々論点はあるものの、男女間での差別に対しての学問だったりアクションの意味合いが強いと思うので、それが流行として終わらない→ずっと差別が残っている、ということになるので望ましくないなと。ポリコレも同様に(ポリコレっていっても範囲がめちゃ広いが)

 今まで見過ごされていたり、現在傷ついている人がいる、ってことが話題にあがるのはむしろどんどんやった方がいいと思うし、色々荒れることはありつつもそんな感じになっているので世代が変わる頃にはベースの意識が変わっている、といいな〜と自分は考えていたりする。

 色々な問題が今話題にされている以外にもたくさん世の中にはあって、今の時代に特に注目されているものがある程度全体の意識が向上したら、他の問題について皆悩んだり考える感じにシフトするのかなと。

 あと流行という言葉を自分とかロケ戦さんはそんな悪いものとそもそも思ってないと思うんだけど、受け取る人によって「流行」という言葉で表現されるの嫌かもってふと思ったのでそんな補足をしてみる。

 そんな感じ。

 

 あと今日メンテナンス出してたギター帰ってきたんですよ〜〜〜うれし〜〜〜〜〜〜〜

 定時即退社で走って閉店ギリギリの楽器屋さんに取りに行ったので完全に汗ダラダラで「ハァーーーーーーハァ!!!ハァハァハァハァ!ぎ、ギター!!!!ハァハァハァハァ!とりに!ハァハァ!きましだ……!」って感じで完全に気持ち悪すぎたと思う。店員さんの対応はすごく優しかったです……

調整してもらってすごい弾きやすく復活したからばんばん触るぞ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜