えのログ

人生五里霧中

変わり続ける『今』の中でここに何かを残すということ『オシャレになりたい!ピーナッツくん』シーズン1についての感想

f:id:enonoki:20211107223833p:plain

 

 散々ブログに話しているのですが、ぽこピーにハマっています。

 今回はピーナッツくんのアニメ『オシャレになりたい!ピーナッツくんseason1』の話です。

 

 

www.youtube.com

 

 

 その流れでピーナッツくんのアニメも見ていて、結構前に1stシーズンのアニメ自体は見終わっていたのですが色々と内容について考えていてブログとかTwitterには書いていませんでした。

 

youtu.be

 

 前提としてなんですが、

 アニメ『オシャレになりたい!ピーナッツくん』はyoutubeで更新されていた(現在2シーズンになって更新中)ショートアニメで「オシャレになりたーい!」が口癖のピーナッツくん、ピーナッツくんの友達のチャンチョがレギュラーキャラとして出ていて、毎回ピーナッツ星の不思議な登場人物と出会う、みたいな形式のアニメです。

 出てくる登場人物達は時事ネタなどを積極的に取り入れており、かなりアクが強いキャラクターが魅力的。

 準レギュラーのキャラクターたちもいれば、ほとんど一回限りのキャラクターだったり、「これはアウトだろ!」みたいなギリギリ(アウト)なラインを攻めたブラックユーモアも面白い。

 

 ↓ブラックな話。

 

youtu.be

 

youtu.be

 

youtu.be

 

(ビックリするぐらいブラックだよ…)

 

・徐々に浮かび上がってくるテーマ

 

 そんな作品なのですが、それまでの単発の話の群れに対して、テーマのようなものが徐々に見えてくる回があります。いらすとやの回などです。

 

www.youtube.com

 

 ピーナッツ星を「救いにきた」と言いながらピーナッツ星の面々をいらすとやのイラストへと『無駄がないように』と侵略していく。チャンチョ、オレンジ博士、デニムくんながいらすとやに変えられていく。

「ぼくの大好きなみんながー」というピーナッツくんの言葉が切ない。

 

 この回は前後編になっていて最終的には3D化したピーナッツくんを扱う布石であったり、時事ネタとしての「ありとあらゆるイラストがいらすとやになっている」ことへの風刺だったりすると思うのですが、1stシーズンのラストを念頭に置いて見返すと、どうにもこの辺から『オシャレになりたい!ピーナッツくん』というアニメに通底するテーマのようなものが見えてきた気がします。

 いらすとやは実際現実世界でも影響が大きく、自治体のイラストなんかがどんどんいらすとやに統一されていく、というのはネタではなくかなり体感として日常に起きた変化といえるでしょう。

 

 

  映画『花束みたいな恋をした』では登場人物のイラストレーターになりたかった麦がクライアントに価格交渉をすると「じゃあいらすとや使うんでいいです」とあっさり首を切られる様子が描かれていたりします。(というか本当に花束すきだな自分)

 いらすとやの普及はもちろん「いらすとやがどこにでも出せる素朴な絵柄だから」という点もあるのですが、「とにかくコストカットしたい」という資本主義的な価値観によって何処までも広がっていった、という側面も感じます。

 何か、革命的な形式的ができることであらゆるものがそれ一色になってしまう、均質化されてしまう。

 ピーナッツくんのいらすとや回はもちろん3D化で解決するのですが、その点についての問題意識は作り手(兄ぽこ)の根本に残り続けていたように思えます。

 

Youtubeバーチャルyoutuberという環境に対しての批評的な目線

 

『オシャレになりたい!ピーナッツくん』の1stシーズンのラストエピソードは3話連続のアメーバによる世界の単細胞化です。

「アメーバを保持すれば誰もが理想の自分になれるのだ」

 というリルアメーバの言葉からピーナッツ星の住人たちが単細胞化して、個性を失っていきます。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 滑舌が悪かったコバルト田中は一発で聞き取れる滑舌になってしまいます。

 

「なんてこった。ぼくはあの滑舌が好きだったのに」

「そんなんいうたかて、あの関西弁の何がおもろいねん」

 

 コバルト田中はとにかく滑舌が悪いという設定のキャラクターで、それ自体が強烈な『個性』として機能している存在でした。もちろんそれはある意味でいじり、的な文脈の楽しさであったかもしれないけれど、それ自体がキャラクターへの愛着に繋がっていて、コメント欄での反応を見る感じ、実際そんな感触がファン層にあるように見受けられます。

 他のピーナッツ星のキャラクターたちもそうです。

 81話『みんなおなじになっちゃった』で描かれるのは、どこかもの悲しい『たんさいぼうのうた』に合わせて描かれるアメーバによって支配されたピーナッツ星の光景です。

 そこでは、誰もが理想の姿になったはずなのに、それまでのピーナッツくんのアニメで描かれてきたキャラクターたちの個性が何処にも無くなっています。

 病み垢さん、イキリオタク、廃課金くん、社畜くん、ミスターダブルブレインたちが皆同じ瞳となっています。きっとコバルト田中のように話してもピーナッツくんが好きだった彼らではなくなっているのでしょう。

 

 この構図について考えていくとピーナッツくんが実際に活動を行っているYoutubeという環境についつい意識が向いてしまいます。

 ピーナッツくん単独での活動だけでなく、ぽんぽこのアカウント開始が2018年2月、それから活動を重ねるというのは常にバーチャルYoutuberとしてのシーンの渦中にいるということです。

Vtuberはまだ若い(というかYoutuber自体若い)表現スタイルなのもあり、常にその環境は過渡期といえます。(実際つねに議論が起きていたし、起きているし……)

人の出入りが激しい環境で、常に人の目に晒されるうちに表現は洗練され、動画や配信のスタイルというものが固まっていく。よく言えば洗練、ですが似たり寄ったりになっていく、という側面もどうしたってあります。

 Youtuber、というスタイルもそうです。ヒカキン的な企画の動画をアップする、というのも一つのフォーマットです。それは自分は好きですが、同時に「側からみたらマニアックすぎてわからない」動画を撮っていた人も、王道のYoutuberスタイルの動画になってしまう危険性もあるわけです。

 実際、ぽんぽこの動画も初期は狩猟の動画だったわけですが、今はYoutuber的な動画を更新するスタイルになっています。(自分はそれが大好きですが)

 

 それは個性的だった(と見ている自分が感じている)存在が、Youtubeというプラットフォームや、それを要請する視聴者の要求に沿っていく内に均質化してしまう現象ともいえるのかもしれません。

 Vtuberの戦国時代をぽこピーとして生き抜く兄ぽこもその風潮や時代自体は感じていてもおかしくない気がしますが、まぁ製作側の意図、というよりもそういうシーンに対しての問題提起のようなものをピーナッツくん1stシーズンの終盤のエピソード群から見出すことができるなと。*1

 

 

・オシャレになりたい!ピーナッツくんにおける『オシャレ』について

 

 ここで作中で何度も繰り返されてきた言葉について考えたくなります。

 

「オシャレになりたーい!」

 

 オシャレってなんでしょう。

 自分はあんまりファッションにうといのですが、それでも『オシャレ』という概念はさまざまな価値観の更新のせめぎ合いの中で生まれる煌めきだな、と思うところがあります。

 10年前、20年前のファッションを見返すと、全然ピンとこないものもあります(いや私がファッションに疎いのがデカイんですが……)それでもそこに生きている人たちは間違いなくそれを『オシャレ』と認識して生きてきたはずです。

 

 そして、今も現在進行形で『オシャレ』という概念は更新され続けています。全く新しいモードが出ることもあれば、過去のリバイバルが起き、過去のモードが現代風にアップデートされて起きることもある。

 そしてそのムーブメントは周囲に合わせるだけでは生まれないのでは?とも思います。

 何かしら、既存の概念に新しい発想を加える、ありふれていた要素に新規性のある組み合わせをして提示する、そういうのが『新しいオシャレ』になっていくという側面はあると思います。(いやブームに仕掛け人がいるとかはもちろんあると思うんですが……)

 

 でも、大多数は移り気なものです。ピーナッツくんはジョンソンアンドジョンソン兄弟に『ダサい』と言われたのがきっかけの一つで『オシャレ』を目指すようになったという経緯がありますが、ピーナッツくんを『ダサい』といった当のジョンソンアンドジョンソン兄弟の兄はその言葉を言ったことをすっかり忘れています。

 

 ダサい、と言ったピーナッツスタイルにあっさりと鞍替えします。

この無情さは様々なコンテンツのメジャーなシーンにはつきものです。(まぁ自分もミーハーなのでなんとも言えませんが)

81話では、おそらく、ジョンソンアンドジョンソン兄弟も『オシャレ』=理想の自分、を目指していたのだと思うのですが、ピーナッツくんとは何が違ったのでしょう?

 

 ピーナッツくんにとって「オシャレになりたい」という気持ちは始まりこそ他者であれ、アイデンティティになっていたと思います。

 それを模索する日常の中で様々な登場人物達と出会っていく、というのが『オシャレになりたい!ピーナッツくん』というアニメのシーズン1だったと思います。

作中でピーナッツくんが見てきたキャラクターたちは、アメーバによって滑舌のよくなったコバルト田中に「なんてこった。ぼくはあの滑舌が好きだったのに」と言ったようにそれぞれが魅力を持っていたのだと思います。

 それこそピーナッツくんにとって単細胞生物にされるよりもずっと『オシャレ』に感じるほどに。

 個々の持つ不揃いで定義できない煌めきのようなもの、それが『オシャレになりたい!ピーナッツくん』シーズン1における『オシャレ』だったのではないかなと。

 

・タイムカプセル、更新され、淘汰され続ける環境で何かを残すということ

 

 だからこそどうしようもなく単細胞に変えられてしまったピーナッツ星にピーナッツくんは火をつけようとします。

 

「この丘を燃やせば、きっと単細胞はいなくなる」

「でも、僕たちの居場所もなくなっちゃうよ」

「僕たちだって、どうせいつかいなくなるさ。みんな、忘れっぽいし。また、何処かで暮らせばいいよ」

「ピーナッツくん。じゃあ、ここにタイムカプセルを埋めておこう。僕たちがここにいた証を残しておこう。いつか誰かが、ここにきた時のために」

 

 最終話でのチャンチョとピーナッツくんの会話、これは上記した、Youtubeなどのシーンに対しての諦めのようなものを感じると同時に、そういった諦めの上でそこに何かを残そうという意志を感じて自分はどうしても心が動かされてしまいます。

 世界の変化自体には火を付けるような儚い抵抗しかできない。もしもピーナッツくんが活動しているシーンが終わってしまったら、きっと別の場所で表現のスタイルを模索するしかなくなります。グローバリゼーション化というのか、どうにもメジャーになった表現の場というのはどうしても商業主義的な側面が持ち込まれ、それ自体によるクオリティアップなどの恩恵はいくらでもあるものの、アングラ的な文脈が損なわれてしまうことは多々あります。

 

 もしも、そこで表現したいものができなくなってしまったら、その場からは移るか、自分がやっているスタイルを変えざるを得ないのでしょう。

 また、『この場所』というものは『オシャレになりたい!ピーナッツくんseason1』というシリーズそのものかもしれません。

 

 確かにこの回で、『オシャレになりたい!ピーナッツくんseason1』は終わります。ピーナッツくんたちは、確かに別の世界(season2)に行ってしまいます。そこはもしかしたらseason1とはとても似ていて、でも違ったピーナッツくんたちで、違う物語となっているかもしれない。

 ピーナッツくんとしての活動も、ぽこピーとしての活動も挑戦を重ねるということは常に更新をしていくということで、もしかしたらピーナッツくんseason1の面白さとは違った何かになってしまっているかもしれない。

 

 それでも、『ここ』に記録と記憶は残ります。

 

 もしも『オシャレになりたい!ピーナッツくんseason1』というアニメを皆が忘れても、もしもぽこピーが何かのきっかけで活動を辞めてしまっても、(削除さえしなければ)それでも、活動の軌跡は残ります。

 そして、もし動画も消えてなくなってしまっても、

ピーナッツくんを好きだと思った人々の記憶の中にピーナッツくんは残ります。

 

 ピーナッツくんのチャンネルがある限り、ピーナッツくんのアニメを後追いで見ることは出来ます(自分みたく)そして、そういう人が上記のように「ピーナッツくんを覚えていよう」と思う限り、きっとその想いは消えずに残り続けるのでしょう。

 

 自分語りになりますが、自分もこうしてブログを書いたり、Twitterとか小説投稿サイトで小説を書いたり、Youtubeでラジオをアップしています。

 好きでやっていることでも、いやでも自分よりも人気で、自分より『オシャレ』で、ずっと上手くやっている人たちは目に入ります。もしも自分が発信することをやめたところで、困る人は誰もいないと思います。悲しむ人はいてくれるかもしれない、でも、困らない。

 そうして、きっと今のインターネット環境では誰もが忘れられるでしょう。

 それでも、もしもそんな風に活動した足跡に誰かが触れて、そこに何か意味を見出してくれたのなら。もしもそこに、その人だけの大切な想いを抱いてくれたのなら、

きっとそれでも意味はある。

 

世界がピーナッツくんのことを忘れても僕だけはピーナッツくんのことを忘れないよ

 

 チャンチョのそのセリフは、チャンチョ自身の言葉でもあるし、チャンチョという存在、ピーナッツくんというアニメを作った兄ぽこの言葉でもあるし、同時にピーナッツくんのことを忘れない、と心に決めたこのアニメを見た誰かの言葉でもある。

 

 そして概要欄に残る言葉。

 

www.youtube.com

 

 これをブログに引用するのは野暮かな、と思ったので引用はしない。

 もしここまで読んでくれたピーナッツくんのアニメを見ていない方は大変だと思うけど、シーズン1を見て最終話の概要欄を読んでみてほしいです。

シーズン2となってピーナッツくんは続いているけど、それでも『オシャレになりたい!ピーナッツくんseason1』は確かにここで完結して、これを見て、これに何かを感じた誰かに向けたタイムカプセルとして存在している。

 加速して、日々更新されて、淘汰されていく環境でも、後から誰かが見てくれる、楽しんでくれると思うこと。

 そんな心からの願いで物語が幕を下ろされる、それが『オシャレになりたい!ピーナッツくんseason1』というアニメなのだと思います。

 

 まだseason2はちまちま見ているって感じなのと多分ある意味テーマとしては一度完成しているな〜と思うのですが、それはそれとして単発のアニメとして面白いので楽しいですね。もしも何か思うことあればまた感想に残そうかなと。

 そんな感じで、とても良いアニメだと思います。ピーナッツくん。

 

 ではでは。

 

 

 

*1:野獣先輩回大物Youtuber回といった色々と後からみてアウトになる可能性のある回があるのもその一環かもしれません。(いや投票で決まったってのもあるだろうけど)綺麗な、なんの問題もない環境という表現も出来るかもしれないですが今のネットシーンという意味では確かに存在してしまっていた外せない要素である気もします。